2013年 04月 29日

都立浅間山公園へ

今年の春の拡大朝サンは、ムサシノキスゲを見に、都立浅間山公園へ。

武蔵小金井からバスで約15分、住宅地が途切れて緑がひろがったと思ったら、そこが公園入口。

ここはユリ科の植物、ムサシノキスゲの自生地なのだという。ムサシノキスゲとは霧降高原や那須高原など比較的高い山で初夏にきれいな黄色い花を咲かせるニッコウキスゲの変種で、このあたりの少湿な低地に適応したもの。そろそろ咲き始めたという情報があり、出かけたのである。

ぽつん、ぽつんとムサシノキスゲが。見頃は5月中旬ぐらいだろうか。
b0168466_21583367.jpg

絶滅危惧種のキンランとギンランも咲いていた。写真はキンラン。
b0168466_21591410.jpg

この公園は「浅間山」というだけあって、3つの山(堂山・中山・前山)からなっており、最も高い堂山は標高79・6m。山頂には浅間神社がある。
b0168466_2211520.jpg

その後、近くの多磨霊園でお墓を見物したあと、昼は「たか志」というそば屋へ。
ビールとつまみ、大吟醸蕎麦でイッパイやったあと、野川公園へ。
b0168466_2224758.jpg

広々とした公園で、「自然観察園」ではクサノオウやレンゲなどが咲き誇っていた。
b0168466_2234094.jpg

b0168466_2235460.jpg

歩行距離は約2万歩!
[PR]

by miniFMradio88 | 2013-04-29 21:53 | 拡大朝サン | Comments(0)


<< 5月の公開放送      春のトロール始まっています! >>