2015年 04月 12日

14周年記念放送、無事終了

14周年記念放送を行った12日は、久しぶりに晴れ上がり、とてもあたたかな一日。

ちょうど代表の誕生日も翌日だったので、ぱちぱちと代表にハッピーバースデーを歌ったあと、ケーキが登場。
b0168466_2356565.jpg

b0168466_23572150.jpg

黄金バット第85作は、開始前のゲネプロもあわせて4回公演。
ナゾーの悪の手から逃れてきたバットとマサエが、あるところでダイダラボッチに出会う。あなたは誰?と言葉をかわすうち、向こうから早くもナゾーが追いかけてきた。二人をつかまえてジェット光線の設計図を奪おうとするナゾーに、「乱暴はいけない」と制止するダイダラボッチ。それでは、お互いに芸を出し合おうというわけで、登場したのが「親孝行」と「カッパの玉乗り」と「首落ち」。対してダイダラボッチはずんずん大きくなり、それを見たナゾーが逃げていく。
「なぜ大きくなりたかったかわかった」とダイダラボッチが子供たちに語りかけ大団円。妖怪体操ならぬ、ダイダラボッチ体操第一を歌い踊ってオシマイ。
b0168466_032098.jpg

b0168466_0245513.jpg

b0168466_05963.jpg

b0168466_06130.jpg

b0168466_063930.jpg

b0168466_072788.jpg

b0168466_08893.jpg

「教えて、その音」では青学のゼミ生3人が来てくれました。
b0168466_092469.jpg

「プロフェッサー柿沼のぱちぱちアニマルプラネット」では、水煮の鶏の頭を解剖し、脳の構造のお勉強。
b0168466_0102528.jpg

この日は子供たちの集まりがぐっと遅く、その間たっぷりと「ざけんなよ!」を。
b0168466_0121186.jpg

子供たちが集まってからは、ナゾーのなぞなぞや、ジョニーの子供たちインタビューがスタート。
b0168466_0131836.jpg

b0168466_0214810.jpg

14年経ち、社会人になった若者と、善福寺北学童クラブの大OBの新旧対決。
b0168466_0162258.jpg

b0168466_0172991.jpg

そして、このままミニシンポジウムに突入し、破天荒なキャンプの思い出話、運動会、親が楽しくなければ、子供も楽しくない!の掟と、お父さんの地域での存在感の大切さや、人の家の飯を食べること、地域を元気にする「若者、ヨソ者、バカ者」へと、話が進んだのでした。
b0168466_0262143.jpg

15年目もがんばります!
[PR]

by miniFMradio88 | 2015-04-12 17:53 | 周年記念イベント | Comments(0)


<< 打ち上げだっ      4月の公開放送 >>